ドラマ 怪談牡丹燈籠

10/6から始まるドラマ「怪談牡丹燈籠」の劇中音楽にパーカッションとマンドラで参加しております。
脚本は源孝志さん、音楽は阿部海太郎さん。「漱石悶々」や「スローな武士にしてくれ」でもご一緒させて頂きました。

今回は様々な楽器の音を様々な奏法で素材的に録音しました。
海太郎さんのディレクションのもと、アイデアを捻り出し合いながら「コワ〜イ音」をひたすら模索。
果たして新時代の怪談を彩る音となれたのか。
楽しみに拝見します。

ちなみにマンドラはマンドリン奏者の葛城梢さんと一台を代わりばんこに演奏しました。
録音の過程でイタリア式とドイツ式でまるで音色が違うことを初めて知り、とても面白かったです。(今回は右のイタリア式を使用)

 

コメントする

カテゴリー: schedule, Uncategorized

無声映画

先日、新潟・高田世界館にて行われたカナザワ映画祭の中のプログラム「カリガリ博士」と「狂った一頁」の活弁・生演奏付き上映にパーカッションで参加しました。
弁士は片岡一郎さん、作編曲・演奏は生駒祐子さん、波多野敦子さんと3人で。
私は「カリガリ博士」で作曲を担当しました。

無声映画の伴奏はずっと憧れていながら実は今回が初めてでした。
結果は予想以上に大変で、期待以上に楽しかった!
企画のお話を頂いた当初から演奏を行きずりのインプロセッションみたいにはしたくない、という思いが自分の根底に強くあって、きちんと段取る部分と、とはいえやはりライブの感覚は大切にしたい部分との共存がひそかな目標でしたが、完全達成とはいかぬまでも多少の感触を得られたのが良かったです。大きな経験となりました。
また是非ともチャレンジしたいなあ。

近々新宿武蔵野館の100周年企画で「カリガリ博士」が生演奏付き上映されるそうで、そちらも大変気になっております。
これを機に無声映画の見聞を広げていきたい所存であります。

コメントする

カテゴリー: instruments, Uncategorized

mama!milk Quartet

今年6月に大阪 SPinniNGMiLLにて行われたmama!milk Quartet liveのダイジェスト映像が公開になりました。

撮影は野田昌志さん。

 

 

mama!milkとこういった形でご一緒するのは念願かなってのことで、一瞬一瞬に悦びを感じながら演奏していました。音や楽曲へのアプローチに学ぶことも多く、また手応えも感じられてとても大切な経験となりました。

このカルテットは10/6(日)品川 原美術館に再び結集します。

http://www.mamamilk.net/schedule/17040/

東京での演奏、楽しみです。

***

ライブの時に野田さんが撮影して下さった写真


とても気に入っています。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

The Broadway Musical Concert

来る5/18,19にシアターオーブにて開催されるThe Broadway Musical Concertにパーカッションで参加します。

参考資料に目を通してワクワクしているところ。この手のコンサートはいつもそうですが、あらゆる名ミュージカルの美味しいとこどりなので、ひたすらフルスロットルで体力使うけど楽しい!

年始に参加したThe Voices of Westendとはまた趣が異なるセットリストで、それぞれ”らしさ”を感じています。

楽しみです。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

音月桂 20thコンサート

去る3/16,17 新宿サザンシアターにて音月桂さんの芸能生活20周年記念コンサート”Life-Size”にドラム&パーカッションで参加しました。

音月さんとは初めてご一緒させて頂きましたが、とても気さくでチャーミングな方で、短期間にも関わらず明るく和やかな雰囲気のチームとなりました。

そして17日昼のゲストの成河さんとは「100万回生きたねこ」以来の嬉しい共演。トークも歌も素晴らしくてバンドも大興奮でした。

素敵なご縁に感謝。

またの再会を願って。

コメントする

カテゴリー: instruments, Uncategorized

時々自動『コンサート・リハーサル』

時々自動の超大作「コンサート・リハーサル」が長きに渡る構築期間を経て本日、幕を開けます。

私はドラム&パーカッションでサポートさせて頂きます。

時々自動との出会いはちょうど6年前、たまたま行った今井次郎さんの追悼コンサートで、こんなに面白くてかっこいい人たちがいるのか!と、衝撃どころか青天の霹靂でした。

それからはただのファンとして見ていましたが、ひょんなご縁でメンバーの鈴木光介さんと呑んでいる時に「時々自動と一緒に何かやりたいっす」と(酒の勢いで)自ら手を挙げたことが発端となり、昨年の即興発表会、リハリハ6を経て今回に至ります。

今回コパこと公募パフォーマーの方も多数出演されますが、みんな根っこは同じ、なんか面白そうだし面白いことしたい!っていうことなのだと思います。

時々自動の人たち みんな面白くてまっすぐで一生懸命でかっこよくて可愛くて、、なんて愛おしいのだろう

毎日にんまりしながらご一緒できる幸せを噛み締めています。

私も住環境を整えて、

いざ出陣!

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

The Voices of the West End

来る1/9〜11 Bunkamuraオーチャードホールにて、ミュージカルコンサート「The Voices of the West End」にパーカッションで参加します。

2019年最初の本番です。

オーチャードで演奏するのも初めて。昨年から色んな劇場でのデビューが続いていて嬉しい限り。

West Endを代表する素晴らしい歌手の方々とステージご一緒できること、とても楽しみです。

 

 

2015年にQueen’s Theatreで観たLes Miz

舞台は人がつくるものなんだとひしひしと感じさせられる素晴らしいパフォーマンスで、それはそれは感動したのでした。

***

2019年 亥年 平成最後の年

本年も健康第一で一つ一つ丁寧に、そして恐れず色んなことにチャレンジしていきたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントする

カテゴリー: schedule, Uncategorized